HOME>トピックス>資格取得可能な大学なら卒業と同時に保育士になれる!

目次

楽しい毎日を過ごしたいなら保育士になろう

保育士といえば、給料が安い、体力がいる、持ち帰り仕事が多いなど、ネガティブなイメージを持っている人も多いかもしれません。しかし、その一方で、保育士を一度経験してしまうとこれ以外の仕事をしても、また保育士をしたくなってしまうという人も多いのです。それは何よりも子供の魅力に尽きます。どんな辛いことがあっても、主に過ごすのは子供との時間です。「先生大好き」と言ってもらえるだけで、疲れも忘れてしまうというほど、子供好きにはピッタリの職業です。

モンスターペアレントというけれど

保育士が難しいという理由の一つにモンスターペアレントという保護者との問題をあげる人も多いと思います。しかし、モンスターペアレントは、一部の保護者に過ぎません。多くは「いつもありがとうございます」など、感謝されることも多い職業なのです。もちろん、大変なこともありますが、自分のしたことで直接感謝してもらえるというやりがいが大きい仕事と言えます。

保育士になる方法

保育士になるには、まず保育士資格を取得しなければいけません。保育士資格を取得するには、保育士の資格を取得できる大学に通うか、自力で勉強して国家試験を受ける方法があります。できれば、大学などの養成校に通うのをおすすめします。なぜかというと、大学では資格取得の為の授業だけでなく、実際現場に出て役に立つ技術や実習の授業が多くあるからです。また、就職へのバックアップはもちろん、先輩が働いている現場を紹介してもらうことができるので、大学はおすすめです。

保育士養成校の選び方

保育士養成校はたくさんありますが、どのような基準で選べばいいのでしょう?養成校の中でも、授業内容は違っていて、学問重視の大学や実践重視の大学があります。自分に合った大学を選ぶといいですよ。また、オープンキャンパスなどで、実際に雰囲気を見ておくのも重要です。

広告募集中